なぜ、サックスの価格はこんなに差があるのか?

サックスの価格には5万円100万円程の価格帯まで
かなり値段に開きがあります。

果たして、何がこれだけ価格の差を産むのでしょうか?

見た目は同じでも、品質には大きな差があり
品質の悪い楽器を選ぶといくら練習しても上手くならず、
逆に変なクセがついてしまうので、楽器選びは慎重に行いたいものです。

10年前は「ちゃんとした楽器は30万円以上や〜」言われていました。
価格ですべての品質を定義するのは、いかがなものかと思いますが
だいたいの目安として、見るのも一つの手です。

今回はあくまで目安ですが、
価格帯から楽器の特性を見てきたいと思います。

5万円〜10万円

5万円〜10万円のサックスは、中国製や台湾製など
それこそ10年程前は、ベルの大きさが違う、音程が悪い、
粗悪な素材を使っている、キー設計がまずいなど、高価なおもちゃでした。

ただ、ここ数年は、大手メーカーの楽器をコピーし、
そのコピーの技術も上がっている様です。

ただ、サックスは最終的には手作業で組立てて作業する所もあり
大手メーカーの職人的な技術までは反映されていない様です。

正直、この価格帯のサックスはお勧めしません。

10万円〜20万円

サックスの3大メーカー(YAMAHA、ヤナギサワ、セルマー)の中で
YAMAHAは10万円台のサックスを販売しています。

これらはYAMAHAの上位モデルの廉価版です。
大量生産モデルですね。

生産ラインに乗って作られている楽器だと思いますが、
大手YAMAHAの技術で作られているので、安心して演奏する事ができるでしょう。

はじめてサックスを手にするには
この価格帯がお勧めです。

こちらに記事にて、楽器のレンタルをお勧めしていますが
取扱いがある楽器は、この価格帯の楽器だと思います。

30万円〜

本腰入れて取り組むならこの価格帯です。
10年前に言われた、いわゆる「ちゃんとした楽器」となる価格帯です。

このクラスからは、
主に金属の素材(ラッカー、ピンクゴールドー、ゴールドプレートetc)
によって、楽器の価格が変わってきます。

各メーカー30万円台〜40万円の価格帯はラッカー仕上げがほとんどだと思いますが
他の高い素材であれば、それに応じて価格も高くなります。

高い=良い楽器ではなく素材によって音の特徴が異なってくるので、
このクラスからは品質ではなく、
好みの領域で価格が変わってくるという事になります。

 

⇒【無料講座】サックスを始めたら知っておきたい7つのこと

tataのサックス講座