サックスの掃除の仕方

サックスを演奏した後に必ず掃除をしましょう。
主に水分を専用のスワブで拭き取ります。

この掃除をしないと、管体やタンポが錆びたり
サックスの調整が狂う原因になるので、
長く良い状態で保つためにも、必ず毎回行ってください。

掃除の方法については、以下の動画にまとめました。

1、本体からネックを外します。
2、リガチャー、リード、マウスピースを取り外しましょう。

ネックのキーの稼働部分は、軽く握ってマウスピースを外してください。
強く握るとネックが変形してしまう可能性があります。

3、マウスピースは、スワブを通さずに水洗いをしてください。

もしくは、スワブを通して水分を拭き取ってから、
スワブを入れた方向から抜き出してください

4、ネックはスワブを通して水分を拭き取ってください。
コルクグリスを使用した場合は、ティッシュなどで拭き取ってください。

5、リードは水分を拭き取ってリードケースに閉まっておきましょう。

6、リガチャーが変形しない様に
マウスピースにセットしてケースに閉まっておきましょう。

7、サックス本体には、専用のスワブを通して水分を拭き取ってください。
※スワブは、数回通してください。

お勧めのスワブは野中のスーパースワブです。
中に球型のスポンジがついていて、しっかりと水分が取れます。

スーパースワブ アルトサックス用はコチラ
スーパースワブ テナーサックス用はコチラ

8、キーの裏側のタンポについている水分は、
あぶらとり紙などで水分を拭き取る様にしてください。

キーは通常の場合で、開いているキーと閉じているキーがあります。

閉じているキーは水分がついている可能性があるので
必ずすべてのキーを掃除する様にしてください。

閉じているキーは以下です。

C1、C2、C3、C4、C5、TC、TA、TF、Eb、C♯、G♯

サックス 2-1

掃除をしながら、サックスの構造をしっかりと見ておきましょう。
どのキーを押せば、どの様に連動してどのキーが動くかを把握しておくと
後々、役に立つます。

開いているキーは、水分が付着しているところ
あぶらとり紙を使用して、掃除してください。

9、クロスなどで楽器の表面を拭きましょう。

動画では説明していませんが、楽器の表面には手汗や手の脂が付着しています。
キラキラしているラッカーの塗装が剥がれる原因になります。
なるべくキレイな状態の楽器を保ちましょう。

9、ケースにしまう時は、必ずキャップをしてください。
オクターブキーが曲がってしまう可能性があります。

もし、購入した時のコルクがある場合は、
以下の様にコルクを付けて、すべてのキーを閉じた状態にしておくと
楽器の調整が狂いにくくなります。

スクリーンショット 2013-07-17 23.19.59  スクリーンショット 2013-07-17 23.20.31  スクリーンショット 2013-07-17 23.20.06

10、ケースにしまう時は、必ずキャップをしてください。

 

これで掃除は完璧です。

⇒【無料講座】たった3秒でいい音になる方法を教えます。

tataのサックス講座