サックスを始めるのに必要な道具リスト

サックスを始めるのに必要なもの

サックスを始めるにあたって、
揃えるべき道具を紹介します。

必要な道具 

・サックス本体

なんと言ってもサックスの楽器なければ始まりませんね。
サックス選びに関しては、こちらの記事にて解説します。

 

・マウスピース

マウスピースとは、サックスの吹き口のこと。
各メーカーや型、素材などによって、特徴や音が異なるのでサックスの中で重要なパーツ。
だいたいは楽器に付属しているので初期段階は、別途購入の必要がないが
自分のスタイルに応じてどんなマウスピースを使うのかが重要になってきます。

 

・リガチャ

マウスピースにリードを固定するための留め具。
大体は楽器購入時に付属しているがリガチャーの形状、種類、素材などによっても
音が異なるためマウスピースと同様にどの様なセッティングにするのか重要なパーツ。
マウスピースやリードとの相性もあります。

 

・リード

サックスの音を作る振動の源。
永久に使えるものではなく、消耗品となります。
各メーカーによって、カット種類や堅さなどによって分類されており
マウスピースとの相性いよって吹奏感が異なります。

 

・ストラップ

演奏時にサックスを支えるもの。
首からぶらさげるネックストラップタイプとハーネス型ストラップがあります。

 

・スワブ

練習の後、サックスの内部に付着した水分をとるサックスの掃除装具。

 

・あぶらとり紙

タンポ(キーの裏側)についた水分を取るためにあぶらとり紙を使います。
サックス専用の道具としてクリーニングペーパーが市販されているが
通常のあぶらとり紙で代用(パウダーがついてなくて紙状のもの)できます。

 

・譜面台

譜面台は、練習時に必要です。

 

・メトロノーム

練習する時の必須のアイテム!

 

・チューナー

チューニングする時に必要。クリップタイプがお勧めです。

 

・クロス

サックスの表面を拭くためのクロス!
楽器を運ぶときに、ケースと楽器の隙間を埋める詰め物としても有効です!

 

あったら便利なもの

 

・ソフトケース

サックスが重いので持ち運びを前提するならソフトケースがお勧め。

 

⇒【無料講座】サックスを始めたら知っておきたい7つのこと