サックスはなんで木管楽器なの?

サックスを金管楽器だと勘違いしている人は
意外と多いのではないでしょうか?

全体が金属でできているので
勘違いしても仕方がないと思います。

実は、木管楽器は『木』で作られているかは関係ありません。

金管楽器と木管楽器の違いは、
楽器の構造上の違いによって分類されます。

では、金管楽器と木管楽器の構造上の違いって
何でしょうか?

少し観察してみましょう。

金管楽器

906_file1ダウンロードダウンロード (2)pic-yhr668d[1]

(トランペット、トロンボーン、チューバ、ホルン)

木管楽器

ダウンロード (1)2077_file1918_file1897_file1

(オーボエ、フルート、クラリネット、サックス)

金管楽器と木管楽器を比べて
違っているところはどこでしょう?

例えば、楽器の形を見てみましょう。

金管楽器は、いろんなところに管があって
迷路の様にうねうねしていますね。

木管楽器は基本的に一本の管になっていて
その笛にいろいろとキーがついている。

サックスも一見、うねうねしてそうですが
よく見ると一本の管になっています。

これらも木管楽器と金管楽器の違いを表しています。

木管楽器は、一本の管状になっていて
ボタン(キー)の開け閉めによって、管の長さが代わり
音の高さが変わります。

つまり、笛の構造ですね。
リコーダーを想像するとわかりやすいと思います。

金管楽器は、ボタン(ピストン)を押すことで
空気が通る管の長さが変わる構造になっています。
だから、管がうねうねしています。

あと、音の振動源も異なります。

中学校の理科で習ったと思いますが
音というのは、空気の振動。

その振動をどうやって作るかという事なのですが

木管楽器はリードという木の板が
吹き口についていて、そのリードが振動する事によって
音が鳴ります。

金管楽器は、演奏者の唇を振動させることによって
音が鳴ります。

サックスは、金属でできているので金管楽器と間違われる事も多いのですが
こういった構造上の分類により木管楽器に分類されています。

⇒【無料講座】サックスが上手くなる!!無料で始めるメールレッスン。