サムネイル画像

tataとお話ししませんか?

はじめまして tataです。

いきなりですが、ZOOMを使ってtataと1対1でお話をしてみませんか? サックス奏法や音楽について悩んでいる。今後、どうやって音楽ライフを充実させていけばいいのか、今いる環境から一歩出てみたい、tataとお話しがしてみたい、サックス購入や録音機材について意見を聞きたい。

内容はどんなことでもOKです。僕が必ずしも「正しい答え」をご用意できる訳ではありませんが、じっくりと向き合って対話することで見えてくることがあると思います。ご相談は100%の力でお応えします。僕は、音楽ライフを豊かにする最も重要な基礎は、コミュニケーションだと思っています。

仲間と音楽を語り、対話をし、共有すること。 このZOOM相談会は、あなたとコミュニケーションを取るきっかけなればと思います。

ぜひ、お気軽にご参加ください。

    ZOOM相談会の詳細

  1. ◆時間
    60分
  2. ◆参加費
    無料
  3. ◆参加資格
    tataのzoom相談会に初めて参加の方(お一人様1回のみ)
  4. ◆日時
    平日(月〜金)10:00〜24:00
    下記ファームより希望日時をお伺いの上、個別調整させて頂きます。
  5. ◆内容
    奏法アドバイス・相談・雑談・内容はなんでもOK
    ※楽器を使ってのZOOMレッスンは行っておりません

about

tata Takashi Nakasone

  • Instagram

サックス奏者・講師/映像撮影・編集/コピーライテイング/Web制作等

兵庫県神戸市出身。幼少期は、サッカー、空手、水泳、陸上などのスポーツに熱中。姉が吹奏楽部でクラリネットを吹いていた影響により高校から吹奏楽部でサックスを始める。担当はバリトンサックス。高校時代は音楽に夢中になり、サックスに明け暮れる3年間を過ごす。高校2年生の冬、漠然と音楽の職に就きたいと思い楽器修理の道へ進もうと模索。当時、講師に来ていた西本淳先生に相談したところ「音大に行けば?」という一言で、それまでバリトンサックスしか吹いた事がないにも関わらず、アルトサックスを購入し、音楽大学を目指すという無謀な挑戦を始める。西本淳氏に師事。志望校を入試直前に変更したことにより一浪するも無事、昭和音楽大学に入学し、憧れのサックス奏者田中靖人氏に師事。在学中より学校や養護施設などを中心にボランティア演奏を行うグループやSKAバンドに加入し、都内を中心に演奏活動やライブ活動を行う。サックスのリサイタルを聴きに行く機会が増え、観客がサックス関係者しか集まらない状況に違和感を感じ、誰のために音楽をするべきかを考える。その結果、多くの人に音楽を届ける「場所」を作るという発想で飲食店経営を目指す。卒業後は、独立を支援する外食企業に就職するも、会社の都合で独立の道を閉ざされ退職。生活スタイルを音楽に戻し、マーケティング、コピーライティング、WEBを独学で学ぶ。インターネットで『tataのサックス講座』を展開し、上達法をお伝えするだけでなく、多くの人が幸せになる音楽のあり方を提案している。2011年に地元の神戸へ活動拠点を移す。ギターとサックスのユニットやサンプリング音楽の融合など新しい音楽スタイルを模索する。その中で画家である赤木美奈の作品をテーマに「豊穣の子供」を作曲し、好評を得る。ひょんなことから音楽スタジオの運営を任されることになり、レコーディングやミキシングについて学ぶと同時に映像配信やWEB番組を制作する。2017年の自身の結婚式では、結婚式自体を作品と見立てすべて手作りの音楽結婚式「おとなりんごWEDDING」を総合プロデュースする。その後もウエディング関連の映像やMVの監督・カメラ・映像編集など、映像の分野でも活動している。現在は、マルチクリエイターとして様々な活動をしつつ、「Art Meet House」の設立に向けて日々、邁進している。

Portfolio -作品集-

haconiwa Design Store
tata

info

無料レッスン